借金返済とインフレの関係

借金問題と経済動向は、親密な関係にあることを御存じでしょうか。
地道に返済を続ける方でも、経済動向次第で、場合によって借金を一気に返済することも可能になるかもしれません。
そのような夢の借金返済について考えてみましょう。

国債などの国の借金は、いまや1000兆円を上回っています。
これは国民1人あたり800万円以上の借金を背負っているということになります。
この借金を一気に返済できる方法としては、「紙幣をどんどん発行する」ことが挙げれます。

仮に、1000兆円の紙幣を発行すれば、あっという間に国の借金が無くなります。
同時にお金の価値が下がり、金利が下がり、物価が上昇することになります。
いわゆる「インフレ」の状態になるのです。
しかも急激な「ハイパーインフレ」が日本を駆け巡ることになります。

お金の価値が下がることにより、借金の価値も下がります。
物価が上昇することにより、資産価格や収入なども上がることになります。
これにより、一気に借金が無くなるという仕組みなのです。

もっともハイパーインフレが起こる(もしくは意図的に起こす)状況は、国が危機的状況、破綻状況に陥ることを意味しています。
多少のインフレでは、民間の借金までに影響を与える可能性はあまりありません。
よってあまり現実的ではないことを頭に入れておきましょう。
やはり借金問題を解決するには、地道な努力が必要であるということなのです。
http://xn--eckzbs5jpgv62qo04bur2c4zd.com